二十四節気『清明』

二十四節氣

清明 せいめい

清明は万物が清く明るくなる節氣。春の息吹を感じられます。自然の中で生命が芽吹き、蕾が開き、桜も開花する時期です。自然界の変化を敏感に感じ、日々の生活の中で小さな変化を見逃さないようにしたいものですね。毎年この時期は次々に咲く花の名前をひとつずつでも言えるようになりたいなと思うのです。

今年はなごり雪が降り、花冷えの日が続いています。冷たい春の雨も降り、霜が降りた朝のカタクリは花びらを閉じてじっと太陽を待っているかのよう。太陽が昇ればさっきまでの霜とはお別れをし、カタクリの花も上を向いて笑っているように見えます。種から花が咲くまでに、7年も8年もかけるカタクリの花は春の妖精といわれます。

雪解け水が流れ、虫たちが活発になり、太陽が動き、そして万物が清く明るいこの時。恵那山麓で暮らす私たち誰もが待ち望んでいた季節でしょう。

Seimei is the season when all things become clear and bright. You can feel the breath of spring. Every year around this time, I aspire to be able to remember the names of each flower as they bloom, one by one.

This year, we had lingering snowfall. Days of "hana-bie" (cold weather despite the blooming of flowers) continue. Katakuri flower appears as if patiently waiting for the sun with its petals closed. It is said that it takes seven or eight years for Katakuri flowers to bloom from seeds, earning them the title of spring fairies.

As the snow melts, water flows, insects become active, the sun moves, and everything becomes clear and bright. It is a season eagerly awaited by all of us living at the foot of Mount Ena.

お花見と田の神様

「今年は開花が例年より遅いから。」とお花見の誘いがありました。多忙な現代の暮らしの中、桜の開花に合わせるスケジュールは素敵なことだと思います。お花見は日本の春の象徴的な風景となりました。

桜の語源はいくつかあるといわれますが、「サ」は、田の神様を意味し「クラ」は神様が座る場所という意味ともいわれます。「田の神様が桜の花を咲かせて、種をまく時期を私たちに教えてくれている」「田の神様は、桜の開花とともに人里へ降りてきて私たちを見守り、花が散ると帰って行く」という信仰が古くからあったといわれます。

恵那山麓では、ほとんどが農民だった頃から田の神様を迎えるために桜の木の下でお料理やお酒を用意しておもてなしをし、豊作を祈願してきたのでしょう。

巡り巡る時代の中で、農への想いや期待が変化しているのを感じています。地域でつくり、地域でいただくという誇りと「田の神様」という信仰が多くの人々の中で芽生えつつあるのかもしれません。

Hanami and the Spirits of the Rice Fields

There are several theories about the origin of cherry blossoms―sakura, but according to one, "Sa" means the spirits of the fields and "Kura" means the place where the spirits sit. It is said that there has been a belief since ancient times that "the spirits of the rice fields make cherry blossoms bloom and teach us the timing for sowing seeds."

In the foothills of Mount Ena, since the days when most people were farmers, preparations have been made under cherry blossom trees to welcome the spirits of the fields, offering dishes and sake as hospitality, praying for a good harvest.

In the ever-turning cycles of time. I sense a change in the feelings and expectations towards agriculture by local people. Perhaps a combination of pride in producing and consuming locally and the faith in the "spirits of the fields" is beginning to sprout among many people.

ゑなの結

私たちは恵那山のふもとでフリーペーパーを発行している任意団体です。本当の意味で“誰一人取り残されない”のは季節の移り変わりではないでしょうか。また美しい自然から、地域の強みや魅力を教えられているのは、私たちだとも感じています。 心を豊かにするこの地域のひとときを二十四節氣とともに発信。そしてこの地のスタートアップから、インタビューや寄稿を通したコンテンツは、恵那山の頂きより「ヤッホー!」と叫ぶように、多くの人々に届いたらいいなと思っています。

We are a voluntary organization that publishes free papers at the foot of Mt. Ena. Isn’t it the change of seasons that truly means that no one is left behind? I also feel that we are the ones who are taught the strengths and charms of the region by the beautiful nature. We will transmit a moment of this region that enriches the mind with 24 seasons. And I hope that the content through interviews and contributions from startups in this area will reach as many people as possible like shouting “Yo-ho!” from the top of Mt. Ena.

コメント